トップ / 日本語学校に通う理由

学校に関する知りたい情報

国際化の扉となる日本語学校

日本人は当たり前のように話せる日本語でも、外国人から見ると難しいようです。そのため、海外からやってきた人の多くが日本語学校に通学することになります。国際化の中で相互理解という事が言われますが、まずは言葉から日本を知ってもらうという事はとても重要なことでもあるのです。こういった日本語学校が各地にできることで、相互理解もより深まっていくことにつながるといえます。日本人が英語を学ぶ、という事ももちろん大切ですが、日本の言葉や文化を発信していく、その扉となっている学校をもっと大切にしていくべきでしょう。

日本語学校での授業について

日本語を学びたいと考えている外国人が増えてきていて、日本の大学に留学したり日本語学校の授業を受けて、日本語や日本の文化を学んでいます。その背景には漫画やアニメ、アイドルなどの日本の文化が海外で高い評価を受けていることがあります。ヒューマンアカデミー日本語学校では韓国やイタリアなど、様々な国出身の生徒が日本語を学んでいます。進学や就職などの目的に会わせた授業科目の選択ができ、日本人学生と同じ校舎での学習や、定期的に行っている交流会などが開かれていて、日本人の考え方や習慣を身に付けることができます。