トップ / 学校の教育理念に関して

学校に関する知りたい情報

学校として目指しているもの

教育理念や、教育方針という言葉がありますが、こういったものはどの学校にも掲げられており、これは生徒と関わる上での一番大切な理念となります。保護者からすると、この教育理念は子供の学校を選ぶ際の1つの指針となるでしょう。子供にたくまいしくなって欲しいのか、それとも心のやさしい人になってほしいのか、頭の切れる人間になってほしいのかを考え、一番理念に共感できる学校をえらんでください。また、教育をする側はその理念に共感して子供を預けられたことを念頭において、子どもたちと関わりあい、教えることで、お互いにプラスになることを忘れないようにしましょう。

子供にどうなって欲しいか

学校が掲げる教育理念は、子供たちにどうなって欲しいか、という視点です。この視点とは別に、子供がどういう人間を目指しているかを考える視点があります。これは同じクラスにいる学生でもそれぞれ違うものを持っていると思います。大人の理想像を自分の親としている人も居れば、学校の先生を尊敬している人もいます。教育理念は一般的にかなり抽象的な概念で語られているので、学校の教育理念と、学生のこうなりたいが矛盾してしまう場合はあまり無いと考えられますが、先生達は自分の教育方針だけではなく、生徒達の目標に耳を傾ける努力をし、習慣としてもつべきだと思います。