トップ / 学校を設立する方法とは

学校に関する知りたい情報

学校設立をするために

学校の先生に憧れて、将来は先生になりたいという夢を持つ子供はいつの時代でもいるようですね。中には、自分の学校を持ちたいと考えている大学生も居るようです。自分で設立しようと思うとかなり時間もお金もかかるように思いますが、その手順は案外簡単に済むかもしれません。学校にはいくつか種類があり、その種類によって設立の方法が違います。どの種類を作るにしてもそこでの授業の単位を認定してほしいのならば、文部科学書への申告が必要なので、その教育機関に関する書類を作成しなくてはなりません。設立の手続きを代行してくれる会社もあるので、それも調べてみるといいでしょう。

どんな学校がいいですか

学校を設立する前に考えるべき事は、まず、教育方針だと思います。どのような教育をして、どのような生徒たちを持ちたいのかを考えます。それを軸にして、仮のパンフレットを作ってもいいかもしれません。その教育理念に共感してくれた人たちが集まってくれるのですから、共感を呼ぶものでなくては生徒は集まりません。できるだけわかりやすい言葉で書くようにしましょう。また、自分の通っていた学校について思い返すのもいいと思います。その教育機関の何が好きだったか、逆に、変えて欲しかった点はなにかを考えることで、あなただけの理想の教育像が明確になるでしょう。