トップ / 予備校でかかる費用とは

学校に関する知りたい情報

予備校が変わってきています

予備校といえば大学入試を目指す浪人生が通うものというイメージですが、最近は変わってきています。少子化とともに当然浪人生も少なくなってきていますので、現役生向けのカリキュラムが増えてきました。高校生だけではなく、中高一貫校などを目指す中学受験を控えた、小学生に力を入れている予備校もあります。どのコースも、長年蓄えたノウハウをいかした受験に強いのが特徴です。塾や家庭教師、通信教育もありますが、いろいろ比べて自分に一番合ったものを選択する事が大切です。それぞれ長所短所がありますので比べるのは大変です。

医学部への合格を目指す予備校をお探しの方へ。
合格実績も豊富です。生徒一人ひとりに合った学習が出来ます。志望大学の傾向と対策などの相談も出来ます。

予備校に通うということ

大学受験や高校受験、早い人では中学受験などに対応してくれるような予備校に通う人も多いのです。それぞれ目的があって、それに向かって勉強をしていくのですが、その費用もかなり高額になることもあります。特に、特殊なジャンルの勉強をしていく専用のコースでは、数百万円になることもあります。また、AOや推薦対策などを行っているところも多いので、教科の勉強だけでなく、それ以外の小論文やグループ討議なども過去の合格者のデータをもとに行う形になっているのです。また、夏期講習や冬期講習の時だけ、予備校に通うという人もいます。