トップ

学校に関する知りたい情報

学校の先生は生徒とどう関わるか

学校の先生に当たりやハズレを言う保護者がいるようですが、先生には悪いも良いもありません。もちろん、教え方が上手い先生や、人当たりが良い先生、面倒見が良い先生はいると思いますが、先生方も人間です。先生方の個人個人の理想の教育があり、子どもたちはそれぞれの先生から、別々の事を学びます。先生も人間ですので、完璧でない事もあります。子供たちはそれでも、自分たちより少し長く生きてきた先生たちから多くを学ぶのです。学校とは、そういうところです。子ども自身も先生を比較しますし、なりたい大人の像を個人個人で探ってゆくのです。

先生として生徒にできること

先生に当たり外れは無いとは思いますが、もちろん学校は教育の場です。先生達は日々工夫をして生徒と関わる姿勢をもつべきです。どのような関わり方が生徒にとって一番いい、という答えはありませんが、それぞれの先生が熱意を持って生徒の事を考えるべきです。考えていると、自然と、その先生らしい生徒との関わり方が見えてきますし、その心は生徒にも伝わります。自ら人と向かい合う姿勢を見せることで、生徒は人との熱意のある関わり方を学ぶ事でしょう。学校を通して自分が一番子供に伝えたいもの、伝えられるものを常々考えておくことが何よりも子供のためになることだと思います。